PAGE
TOP
BLOGブログ
2021年8月31日 UPDATE

盆踊りのない姫島の夏を振り返ってみました

  • ブログ
  • 姫島の日常

ITアイランド運営事務局です。

8月も、本日で終わりですね。九州では大雨が続いたこともあり、あまり夏の暑さを感じないと思ったら、今度は晴れ続きで、ようやく夏らしくなったような不思議な気持ちです。

姫島では、例年8月の3日間、伝統行事の盆踊りが行われ、観光の名物となっています。(写真は過去のものです)

キツネ踊り

姫島の盆踊りはキツネ踊りなどの外踊りと、普段着のまま足踏みで踊り続ける中踊りがあります。

盆踊り説明図

今年は残念ながらコロナウイルスの感染拡大予防のため外踊りは中止となり、最終日の供養盆(中踊りのみ)の開催となりました。さらに当日雨だったため、中踊りも地区によっては取りやめたところがあったようです。

本番当日のにぎやかさに隠れてあまり注目はされないのですが、姫島では8月に入ると毎晩、太鼓に合わせて盆踊り本番に向けた練習の様子が見られます。今年は、いつも聞こえる練習の太鼓の音も聞こえてこず、なんだかさみしく感じました。

盆踊り会場(夕方)

姫島の住人にとっては当たり前になっている練習期間も、実は隠れた「夏の風物詩」だったのだなと思いました。

早くコロナが落ち着いて、皆さんにも姫島の活気ある盆踊りを見に来ていただきたいという気持ちもありますが、今だからこそ感じられる「姫島の夏」も、楽しんでいきたいですね。

過去の盆踊りに関する記事も、以下にご紹介します。ぜひご覧ください。

見るほど楽しい盆踊り

もう一つの盆踊り